2007年04月16日

テキストを安く購入する方法

カナダのカレッジの付属の本屋はテキストを定価で売っています。 ESLや本科の授業でも指定されたテキストはもちろん買わなければいけませんが、前にUsedの本を買ったら節約出来るとご紹介したのですが、Usedを使うのが嫌な方や、授業の後も参照するために綺麗な本を購入したい方は"Amazon.ca"で購入されるとたいてい割り引きされていますし、時にはカレッジの本屋でUsedを買うよりも安く新品が買える事もあります。 送料も合計39ドル以上購入すれば無料になりますので、たいていの場合は39ドルくらい軽く超えるので問題ないと思います。 ただ始業日の前に届くように早めに注文する事を気をつけて下さい。
posted by フランキー at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校・進学情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月11日

MRCのEAPコース

先月いっぱいでマウントロイヤルカレッジのEAP3コースを無事終えました。 以前はEAP4と言うもう1つ上のクラスがあったのですが、今はなくなりEAP3を終了すればそのカレッジの本科のプログラムへ進学できます。 EAPコースの内容を簡単に説明しますと、このコースはカレッジへの進学準備の為のコースですので、アカデミックな内容になっています。 英語の文法に加え、プレゼンテーションやエッセイも書きますし、エッセイに使用した引用文の索引の付け方など、本科で必要な知識も学びます。

私は当初の予定では同カレッジのビジネスプログラムに進む予定だったのですが、ちょっと今は興味を失って別の進路を検討しています。 興味を失った一つの理由はカレッジの殆ど全てのオフィスの問い合わせに対するレスポンスの悪さと情報の不正確さです。 今までに色々と問い合わせをする事があったのですが、殆ど返事は返って来ませんでしたし、オフィスに直接出向いても欲しい情報を得るまでにあちこちのオフィスをたらい回しにされたり、いい加減な回答をされ確認が大変だった事があるので、進学したらまた大変だろうなと思います。 それともう一つの理由は、以前試しに1クラス本科のマネジメントコースを履修したのですが、留学生は私一人で後は若いカナダ人ばかりでした。 そこでの感想は以前このブログに書きましたが、結局全然付いていけずドロップしました。 私はそれでやっていく自信をなくしてしまったのですが、ちゃんと卒業している留学生もたくさんいますので、頑張り次第だとは思いますが、留学生の場合1コース落とすと1,000ドル位を浪費してしまいますのでかなりの痛手になります。 ちなみに私はコースが始まって2週間以内にドロップしたので授業料は返金されました。

ビジネスのプログラムを探されている方の参考の為に書きますが、バンクーバーのBCITに留学生向けの8ヶ月のビジネスプログラムがあり、それを終了すると一般のビジネスプログラムと同様Post Secondery Work Permitを申請する事ができます。 ありていに言うと8ヶ月のワークビザが卒業後に貰えるわけです。 ただ卒業後3ヶ月以内に就職先を見つけると言う条件があります。

まだ今年はこの先どうするか決まっていないのですが、何か決まればまたこのブログでも報告しようと思いますのでお楽しみに。(^^)


posted by フランキー at 05:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 学校・進学情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月18日

クレジットコースを受けた感想

新ターム(学期)が始まったばかりなのですが、 このタームで私はフルタイムのESLプログラムと週に1回、ビジネスプログラムの中の1つのクレジットコースで”基礎マネジメント”のようなクラスを取っていました。

ESLは宿題や課題が多くて大変ではありますが、色々な国のクラスメートが居て結構楽しいです。 カナダに来て1年近くたって、テレビのニュースやラジオもだいたい聞き取れるようになって、カナダ人との会話もかなり出来るようになったと多少の自信があったのですが、このマネジメントのクラスは予想をはるかに超えていました。 授業の内容はそんなに難しい訳ではないのですが、先生の声が小さくて、ハッキリしないし、他の生徒の声も早口な上に小さくて聞き取れないのです。

このコースはディスカッションが多くて他のカナダ人の生徒と話会わないといけないのですが、みんな早口で声が小さいので殆んど私には聞き取れません。
予習をしっかりしていけば付いて行けると思ったのですが、授業中みんなが何を言っているのか殆んどわからないので、とても付いて行けませんでした。

で、結局そのコースは今日ドロップしたのですが、コースをドロップする場合タームが始まって2週間以内であれば授業料が払い戻しされます。 週に1回のコースでも900ドル以上掛かるので期限に気を付けましょう。

ビジネスのプログラムを専攻する以上いずれにしてもいつかはあのコースを取らなければいけないのですが、、、
まず1つ取って慣れて行こうと思っていたのですが、参りました、もっと英語力を加速させて伸ばさないといけません。



P.S. 明日はとある教会でおせち料理を作ります。 その後当然食べるんですが、(^^)。

posted by フランキー at 06:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 学校・進学情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月04日

テキストを安く購入するコツ

カナダのカレッジや大学で使用するテキストはバカになりません。 私が今ターム取る予定のビジネスのテキストは1冊で$120でした。

でもテキスト代を抑えたい場合は中古のテキストを買うと言う方法もあります。 運が良ければ知り合いや、学内の掲示板で見つけて個人的に売って貰うことも出来ると思いますが、MRCの場合、学内の本屋でもUSEDのテキストを販売しています。 本科のテキストのみではなくESLのテキストでもUSEDの本が売られています。
特にESLのテキストなどはタームが終われば殆んど見ることはないので、古本で充分だと思います。

タームが始まってからUSEDのテキストを買いに行くと直ぐに売り切れてしまうので、最初の授業が始まる1週間位前に買いに行かれると良いでしょう。 私もUSEDのテキストを買いましたがあまり勉強されていない方の本だったら新品に近い状態の物もあります。 早めに買いに行かれた方が状態の良いものを選べるので良いですよ。

後はフードコートのある建物Wyckham Houseの地下にある郵便のサービスをやっているCopywrite と言う所にも中古のテキストが売っています。

私はESLのテキストは本屋で、ビジネスのテキストはCopywrite でどちらもUSEDを購入しました。

何処のカレッジでもUSEDのテキストは良く販売されているそうなので、節約したい方は探して見られてはどうでしょうか?
posted by フランキー at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校・進学情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月22日

Canadian Language Benchmarks Assessment

今日、カルガリーのカレッジSAITで英語の試験を受けました。 受けたのはタイトルに書いたCanadian Language Benchmarks Assessment (CLBA)と言う試験です。
 
私はなんの予備知識もないまま受けたのですが、(受けた知り合いが簡単なので勉強する必要ないと言っていたので)  受ける方は参考にして下さい。
 
カナダでカレッジまたは大学に入るために英語の能力を証明する方法は、
 
1.その学校の付属のESLを修了する。
2.英語のテストを受けて学校指定のスコアを取る。
 
の2通りありますが、2.の英語の試験は各学校が指定するテストでなければいけません。 たいていの学校はTOEFLとIELTSは指定しています。 SAITはそれ以外に私が今日受けたCLBAも指定しています。
 
CLBAがどんなテストかと言うと、TOEFLやIELTS同様Listening, Speaking, Reading, Writing の4つのセクションがまずあります。 Lestening と Speaking は同時に行われ試験管と1対1で行われます。 まず一般的な自己紹介をしその後ビデオを1つと会話だけの音声を2つ聴き、それぞれ聴いた後に試験管に覚えている内容を話します。
 
ReadingとWritingはそれぞれ1時間ずつなのですが、 1時間たっても回収しに来ないので私は1時間以上掛けて解いていました。 それで得点がマイナスされるかどうかは知りません。
 
Reading はTOEFLと比べ文章も簡単で問題の量もすくなくReadingの苦手な私にとっては良かったです。 結果がまだなので良かったのかどうか判りませんが、、、
内容は4つのリーディングと回答は選択形式のものと簡単な筆記で答えるものが2つずつでした。
 
Writing も4問で会社のNews Letter を書いたり、 食事に来て旅行の話をしてくれた友人にお礼の手紙をかいたり、洋服のリサーチの結果を顧客に報告するメモを書きました。
これはTOEFLのWritingとはだいぶ違うのでどう評価されるか結果をみるまでわかりません。
 Writingだけは量が多く急がないと時間が足りないと思います。 私はしれっとオーバーしましたが、、、
 
あと受験費用は100ドルです。
 
試験を受ける環境はTOEFLよりは落ち着いて受けられたので私はCLBAの方が好きでした。
posted by フランキー at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校・進学情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。