2007年03月04日

今週の円高

今週の火曜日に中国から始まって世界中の株価が大きく下がりました。 その原因は解からないのですが、どうも世界中の投資家の間にこの所、株価が上がり過ぎていつか落ちると言う不安感があったので、中国株が落ちて来たのをきっかけに一気にみんな売りに走ったのではないかと言う事らしいです。

水曜日には下げ止まって、後は上がっていくのかと思いきや、金曜日にまた世界中で株価が大きく下がりました。

私が不思議に思ったのは、この株価の下落とまるっきり逆の動きで円が上がったことです。

中国の元は株価と一緒に下がり、アメリカドルとカナダドルも日本円と比べると下がりました。

アメリカドルと比べると、カナダドルや中国の元は落ちて、日本円は上がりました。 つまり日本円がダントツで一番上がったのです。

日本円が上がった原因をある日経の記事はキャリートレードを解消するために日本円が買われその影響で上がったのかもしれないと書いていましたが、あまりに株価の動きと同時に正反対に為替が動いているのでその影響と言う事はそれ程ないのでは、と思いました。

外国の投資化が中国の株を売ったので、それに伴って元が下落するのは解かります。 カナダドルも下落しました。 (日本円やアメリカドルが上がったのかも知れませんが)

日本の株もだいぶお落ちたのですが、それにも係わらず、円が上昇したのは、日本の投資家が外国の株を大量に売ったのかなぁと思います。 外国の株を売ったら日本円を買う事になりますからね。

そうだとすると日本人は相当外国株を買っていたって事になりますね。 その人達がまた外国株を買い出したら円が下がるかも知れませんね。

私は株はやっていませんが、今円が上がって、株価が下がっているので、今外国の株を買うと一番安く買えるのでしょうね。

でももしかしたら月曜日以降にさらに株価が下がって円がさらに上がるかも知れませんが、




※ちなみにキャリートレードとは利息の安い日本でお金を借りて利息の高い海外の銀行に預けたり、株などの運用でお金を儲けることです。
posted by フランキー at 11:29| Comment(2) | TrackBack(0) | カナダ(など)のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月22日

日銀の利上げ

また為替ネタなのですが、

私はいつもインターネットで日本のニュースを読んでいるのですが、今日、日銀がついに金利を上げたと言うニュースが出ていたので円は上がっているだろうなと思ったのですが、なんと逆に思いっきり下がっていました。

不思議に思って色々ニュースを読んでみると、日銀は日本政府からの要請もあり、円を上げる為に金利をちょこっと上げたのですが、マーケットは逆にその上げ幅の小ささに失望して円を売りに走ったそうです。(円がこれ以上、上がる要因がないので)

実際、金利が0.25から0.5%に上がったところで他の主要通貨の金利と比べると群を抜いて低いので、「たったそれだけ?」と言う印象を受けるのは当然かなぁと思いました。(参考:主要中央銀行の金利)

オーストラリアなんて6.25%ですからね、6%も金利がつくならそれはもう日本に置いておくよりオーストラリアに置いておいた方がよいですよね。

日銀はさらに金利を上げないといけなくなるかもしれませんね。
円安が進むとアメリカで日本車がさらに売れてアメリカ政府から日本政府にクレームがでるでしょうし、、、
でもそう簡単には上げられるわけではないので、円安はまだ当分続くのかも知れませんね。
posted by フランキー at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | カナダ(など)のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月14日

日加為替相場について

カナダに留学・ワーホリ中の方は日加の為替レートが気になる方も多いと思います。 私もほぼ毎日チェックしています。(^^)

ここ数日で円がドンと下がったのですが、その1つの要因はG7で円安について是正の要求が予想外に無かったからだそうです。

いくつかの記事を読むと経済学者の多くの人は今年は多かれ少なかれ円高になる、少なくとも円安がこれ以上進む事はないと読んでいるみたいです。

日経新聞のある記事によると、

アメリカは日本、中国、EUに対して貿易赤字を抱えていて、円や人民元の安値を是正するように求めるよう大統領に要請したそうです。 それでブッシュ大統領がどうするのかは解かりませんが、もしアメリカから圧力が掛かれば日本はきっと金利を上げるのだろうなぁ、、

でもそんな案を大統領に提出しただけでニュースになるんですからきっと通ったら結構なインパクトがあると予想されているんでしょうね。

ところで最近はもう「公定歩合」と言わないそうですね、さっき初めて知りました。(参照記事)

個人的には円高を待っているので円高を期待しています。

逆に日本に帰るのでカナダドルを円に換えたい方や日本の製品を輸入したい方は今の内がよいのではないかと思いますが、私は経済に詳しい訳ではないのであまり信用しないで下さいね。(^^;)

皆さんはどう思われますか?
posted by フランキー at 14:16| Comment(3) | TrackBack(0) | カナダ(など)のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月03日

糖尿病の拡大

1980年代には世界中でおよそ3千万人だった糖尿病患者数が現在では Diabete Federation の推定で1億9千4百万人、2025年には3億3千3百万人になると予測されているそうです。

糖尿病は先進国に共通して増加している病気です。 スナックやファーストフードの食べすぎ、運動不足によって引き起こされるそうです。
最近では子供が糖尿病になるケースも増えているそうで、親は子供の食生活や運動に気を配るようにと推奨されています。

糖尿病は特に肥満の多いアメリカやカナダで患者数が多いのですが、日本でもどんどん患者数が増えているそうで、ある記事によると、日本人は元々魚や野菜を多く食べる民族で、高脂肪の食品には耐性が弱く、ファーストフードなど西洋化した食べ物を多く食べる日本人は西洋人よりも糖尿病にかかり易いそうです。

カナダ人の良く食べる料理は、ピザやフライドポテトやラザニアなど、脂っこい物が多いです。 お菓子やデザートも日本の物よりも糖分が高い物が多いので、カナダに住む日本人の方は食生活に気を付けて下さいね。

ピザやハンバーガー、フードコートの料理ばかり食べると体に悪いので、お米や豆腐、魚、野菜をたくさん食べましょう! あとカルガリーは冬が寒いので家に篭って運動不足になり勝ちだと思いますが、運動も心がけましょう!
posted by フランキー at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | カナダ(など)のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月09日

カナダドル為替相場

実は近々、生活費の為日本から送金をしないといけないのでここの所毎日為替相場を眺めていました。 昨日まで日本円に対しカナダドルが下がっていたので、もっと下がらないかと期待しながら待っていました。 なぜカナダダルが下がっていたのか理由はわかりませんが、最近の石油価格の下落でカナダのオイルパワーが弱まっているのかなぁ〜、だとするともっと下がるかなぁ、と勝手に思っていました。
ところが今日急にカナダドルが1円以上も上がりました。 一番大きな理由は日経新聞によると、一部の報道機関が日銀が年内の利上げを見送る公算が大きいと報じた事らしいです。
為替って微妙な事が反映して大きく変るんですねぇ。来週に日銀が経済観測結果を発表するのでその内容で円がまた大きく変動するようです。

個人的には詳細はどうでも良いので、円が上がり、カナダドルが下がるのを祈るばかりです。 (^^)
posted by フランキー at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | カナダ(など)のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月27日

グリーンカード抽選

昨日アメリカの永住権の抽選Diversity Visa Lottery (Green Card Lottery)に申し込みました。 以前は申込用紙に記入して郵送しなければなりませんでしたが今はインターネットから簡単に申し込みが出来ます。

興味のある方は以下が申し込み受付サイトです。
http://www.dvlottery.state.gov/

去年は当選約50,000人のうち日本人は333人でした。 宝くじ程確立の低いものではないので、ひょっとしたら当たるかもしれません。

締め切りが12月3日ですので、アメリカへの移民を希望される方はお早めに!

写真を撮って指定のサイズにしてアップロードしなければいけませんがそれ以外は5分もあれば終わる代物です。 この時期はこのくじの申請代理などのインターネット広告が目に付きますが、専門家に頼まなければならないような複雑なものではありません。


ブログランキングに参加しています、クリックして投票して下さい!→ 
posted by フランキー at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | カナダ(など)のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月23日

コヨーテと戦った子供

これは一昨日(11/20)の話ですが、 カルガリーから250キロほど北にあるアルバータ州の州都エドモントンで子供がコヨーテに襲われました。 10歳の男の子が2人で家の裏庭で雪合戦をして遊んでいる所にコヨーテがやってきて1人の男の子のひざに噛み付いたそうです。
もう一人の男の子が追い払おうと叫びながら近づいて行くとコヨーテはその子の方に向かって来たそうです。
でその子は「逃げたかったけど逃げたら親友が食べられると思って戦った」そうです。 コヨーテの顔を殴ったり蹴ったりしたそうですが、怖かったでしょうねぇ。
 
コヨーテは柴犬より若干大きいくらいで、滅多に人は襲わないらしいのですが、よっぽどお腹が空いていたんですかねぇ。 
 
助けられた子は「助けてくれて嬉しい、もしなにかがその友達にいつか起きたら僕も同じ事をする」と言っていたそうです。 私はその記事を読んでちょっと涙が潤みました。
 
警察がその後その住宅地近くでコヨーテを1匹撃ち殺したそうですが、 子供を襲ったコヨーテかどうかはもちろん不明だそうです。 コヨーテが危ないからと言って闇雲に野生動物を殺しても解決にはなりません。 濡れ衣だったら可愛そうですよね。
 
去年の4月にも幼児がコヨーテに襲われる事件が2件あったそうです。 その時は大人が来て追い払ったそうです。
 
カルガリーやエドモントンは石油が取れるので景気が良くどんどん街が広がっています。 カナダ中から仕事を求めて人が集まり、外国から移民される人もたくさんいます。 野生動物は棲家を追われて困窮しているのかもしれませんね。
 
ブログランキングに参加しています→
posted by フランキー at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | カナダ(など)のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。